塾の学習のパターン

塾の学習のパターンは、「個人指導塾」と「集団指導塾」とで異なります。個人指導塾の場合は、マンツーマンまたは少人数の生徒を対象に指導を行います。 集団指導塾の方は、大勢に授業を行う学校と同じ授業のスタイルです。集団指導塾では年間のスケジュールが決められており、 塾が立てたカリキュラムに沿って授業が行われますから、確実に目標どおりの勉強ができるでしょう。

それに対して個人指導塾の方は、一人一人の生徒に対して丁寧な指導をすることが可能です。生徒の性格や学習の理解度などにより、 集団指導塾の方が合っているか、個人指導塾が合っているかに分かれます。集団指導塾のなかには、受験対策にしぼって志望校ごとに生徒を集めるところが増えています。 受験目的で集団指導塾が選ばれるケースも多いでしょう。個人指導塾が受験対策向きでないということもありませんが、最終的にどのような授業を受けさせたいのか、生徒の目的に合った塾に通うことが大切です。なお、家庭教師の場合ですが、生徒にマンツーマンで教える家庭教師は、個人指導塾に近いものがあります。

個人指導塾をお選びになる場合は、家庭教師を雇うという選択肢もあるでしょう。個人指導塾と家庭教師の学習のパターンの大きな違いは、 勉強を塾で行うか家で学ぶかという違いです。お子さんが家で勉強した方が落ち着くという場合は家庭教師、家では学習の効率が悪いという場合などは、塾に通った方がいいかもしれません。