集団指導塾の学習

集団指導塾の学習パターンは、大勢の生徒をまとめて教える形になります。集団指導塾にも少人数制のところがあり、人数は7人程度から30人ぐらいのところまで教える人数に幅があります。その塾の教室の広さにもよるでしょう。 集団指導塾の場合、授業時間が決められており、塾が立てたカリキュラムによって授業が行われますから、一定のペースで学習を進めることができます。

年間のスケジュールが決まっており、そのスケジュールに沿って計画的に勉強できるようになっています。 受験対策などを実施している集団指導塾も多く、志望校のクラスごとに生徒がまとめられている場合があります。ばくぜんと生徒を集めて教えるのではなく、 何らかの目的に沿った授業を行っているところがあります。夏休みには、集中的に夏期講習を行う集団指導塾が多く見られます。 全国の模試などに参加することで、一人一人の生徒の成績が把握しやすくなります。

自分と同程度の成績のライバル達と競うことで、その子供が持つモチベーションを上げることが可能です。 ただ、集団指導の場合、授業についていけない生徒が出やすい傾向があります。一人一人の生徒に対して丁寧に教えることのできる個別指導に比べると、そこが集団指導の弱いところと言えるでしょう。"