個人指導塾の学習

個人指導塾の学習パターンですが、マンツーマンで教えるか、少人数の生徒に教えることになります。生徒の数は、多くても5人程度のものです。 集団指導塾より一人一人の生徒に丁寧に教えることができ、生徒と深く関わることになります。 担当する生徒の性格や勉強するときのクセなどをつかんで教えることになるでしょう。

個人指導塾の教え方は、家庭教師の場合と近いものがあります。学生のときに家庭教師のアルバイトをしていたような人なら、やりやすいのではないでしょうか。 個人指導塾の場合、生徒に時間をかけることができるので、その生徒がわかるまで教えることができるというメリットがあります。 生徒の質問も受けやすく、その場でわからないことを答えることができますから、学習が身につきやすくなります。

ただ、生徒の理解が乏しい場合は、次に進むことができませんから、講師にとってそこがストレスになるかもしれません。粘り強い性格の講師に向いている学習パターンでしょう。 完全にオーダーメイドの授業を行うことを売りにしている個人指導塾があります。個人指導塾であれば、その生徒独自のカリキュラムを作ることも可能になります。 多くは、集団指導塾で成績の上がらない生徒向けのものです。